chisa staff blog 2016/11/12

こんにちは。チサスタッフです。

東京は急に冷え込んだり、小春日和になったり、羽織ものに悩んでしまう毎日です。
みなさまはいかがお過ごしですか?

北参道にありますchisaでは間も無く、代表 小瀧千佐子の個展
「小瀧千佐子のグラークス展]
―モダン・ムラーノガラス、再び。― がはじまります。

外のギャラリーさんではなく、chisaにて行う小瀧千佐子の個展は今回が初めて。
スタッフ一同、大事に大事に準備をすすめてきました。

そこで今日は、少しだけ会場の様子と見どころをご紹介できればと思います。

dsc_0107

今回の個展のテーマは、日本のみなさまに、
あまり知られていないムラーノガラスの新しい魅力に触れていただくこと。

チサさんこと小瀧千佐子も、ガラスへの愛をたくさん込めてデザインをして、
ムラーノ島のマエストロ(職人さん)と一緒に作品を作ってきました。

img_1800-jpgmini

dsc_0112

どの作品も、どこか日本の暮らしに馴染むような奥ゆかしさと優しさがありつつ、
良く見れば、職人さんの1000年の技術が詰まったものばかりです。

さらにさらに今回は、小瀧千佐子の貴重なコレクションの中から、
15-17世紀のムラーノガラス、20世紀のムラーノガラスも同時に展示しております。

dsc_0148

dsc_0154

どちらも、小瀧千佐子の美術品クラスのコレクションです。

海運国であったヴェネチア共和国。
ムラーノガラスは、国の大きな産業の一つだったので、時代の流行に合わせて様々に形を変えました。

dsc_0151

その魅力を、各時代ごとに比較しながら、たっぷりご堪能いただける、
とても贅沢な個展ではないでしょうか?

また、16日(水)と19日(土)には、小瀧千佐子によるスペシャルトークショーもございます。

ガラスがお好きな方、芸術の秋を楽しみたい方、ぜひ御来場くださいませ。

チサスタッフ一同、お待ちしております。

モダン・ムラーノガラス、いま再び。

■ イベント詳細 ■

%e9%8c%a6%e3%81%ae%e5%ae%9f%e3%82%8a-jpg-mini『小瀧千佐子のグラークス展』

2016年11月16日(水)~22日(火)
11時~19時 (最終日17時まで) 会期中無休 入場無料

※スペシャルトークイベント※
小瀧千佐子による
「20世紀のムラーノガラス ― モダン・ムラーノガラスをみつめて ―」
16日(水)14:00〜 / 19日(土)14:00〜