2017/7/16 chisa staff blog

こんにちは。チサスタッフです。

チサさんこと、chisa代表 小瀧千佐子は、
買い付け、新作制作の佳境の地である、
ヴェネチアに入りました。
※小瀧千佐子のプロフィールはこちら

毎朝、朝早く水上バスに乗ってヴェネチア本島からムラーノ島の工房に通います。

この工房は小さな煙突がかわいらしいですね。

外から来た私たちに、暑かったでしょうと冷たいお水をくださいました。
もちろん素敵なグラスでいただきます。

どこの工房もそうですが、大きな窯で火をガンガン焚いてガラスを作るので、
工房の中はうだるような暑さ。

私たちも汗だくになるのですから、職人さんたちはどれだけ暑いのでしょう。。。

このマエストロ(職人さん)は、chisaで毎年販売しております干支を試作中。

とても気さくな方で、去年チサさんがプレゼンとした手ぬぐいを巻いて待っていてくれました。

 

ちなみにこちらが昨年の干支、酉です。
さて、来年の戌も素敵に出来上がるでしょうか?

温められた丸いプレートに載っている、小さな黒い点が見えますか?

これが、来年の干支、戌の「目」になる極小のガラスビーズです。

ピンセットで一粒ずつ「目」をつけていますね。

二人で息を合わせて、一つ一つ作っていきます。

最後の仕上げの尻尾をつけています。

チサさんも満足そうです。

完成した戌のお写真も間もなく公開し、ご予約販売を承ります。

どうぞをお楽しみに。

******************************

※こちらの記事も合わせてご覧ください。ムラーノガラスとは?