【期間限定】 リーン・ヴォートランの特別ミニ展示を開催いたします。

 

こんにちは。chisa staff です。

北参道のchisaにて、

今月の18日(水)~22日(日)までの期間限定で、(13日~15日はイベントのため営業は14時まで)

リーン・ヴォ―トラン ( Line vautrin ) の特別展示を開催いたします。

 

 

リーン・ヴォ―トランの名前を、

はじめてお聞きになる方も多いのではないでしょうか。

 

日本ではあまり知られていませんが、

ヨーロッパ、アメリカのジュエリーディーラーの中で、

彼女を知らない人はいないでしょう。

 

しかし日本での取り扱店はほとんど存在せず、

見ることができる機会は非常に限られているといえます。

ご興味おありの方は、ぜひ、この機会に足をお運びください。

 

 

彼女はフランス人のアーティストでありデザイナーで、

1913年、つまり第一次世界大戦の直前に生まれ、

そして早くも20歳の頃にはアート制作をスタートさせています。

 

28歳の時にシャンゼリゼ通りの近くに初めてお店を出してから、

彼女はいくつものお店を構えますが、

彼女のショップには、

イヴ・サン・ローランなどの著名なデザイナーもお客として通っていたとか。

 

作品の幅は多岐にわたり、ジュエリー、鏡、ボックスやボタンなどがあり、

フランス、イギリス、アメリカを中心に今もなお、

熱心に愛され続けています。

 

そして1997年4月、パリの装飾美術館で彼女の展覧会が開催される2年前に、

惜しくも亡くなりました。

 

 

作品は一点一点が手作りで、非常に数が少ないため、

大変に稀少価値が高く、オークションでは非常に高額になります。

 

歌手のマドンナは鏡のコレクターと噂されていますし、

ヴィクトリア・ヴッカム氏は2015年のファッション・アワードにて、

彼女のネックレスを身につけて話題になりました。

 

今もなお、愛されつづける彼女の魅力とは、

一体なんなのでしょう?

それはずばり、そのユニークで、他に類を見ないデザインではないでしょうか。

 

彼女の作品の多くはブロンズで作られていますが、

独特のユニークさがありますね。

 

 

そして、物語性にあふれ、

実際に、聖書のアダムとイブや、ノアの箱舟の物語を

小さなジュエリーの中に表現した作品も存在します。

 

 

今回公開する作品はわずかですが、

図録も展示しておきますので、

ぜひ、この貴重な機会に、

彼女の魅力を体感していただければと存じます。

 

〇 公開期間 〇

2017年10月11日(水)~22日(日) 11:00~19:00
渋谷区千駄ヶ谷4-21-2 chisa にて

※13日(金)、14日(土)、15日(日)は、イベントのため15時までの営業となります。

 

***

こちらの記事も合わせてご覧ください。

コスチュームジュエリーとは?

***