今月の逸品 vol.7 ※SOLD OUT

※こちらのアイテムはSOLD OUTとなりました。

こんにちは。 chisa スタッフ です。

今月の逸品は、1960年代 AVEM (アベム) 工房作

『被(き)せガラス ビザンチン模様花入れ』

をご紹介いたします。

AVEM工房は、

ワイングラスなどの繊細な

美しいテーブルウエアから、

ユニークなオブジェまで素晴らしいクオリティの作品を数々生み出した名門工房です。

 

残念ながらすでに閉鎖されてしまいましたが、

当時は、ガラス工芸家 藤田喬平氏からの依頼で、

作品を制作したりもしていました。

現在はストックルームもほとんど人の出入りが無く、

昨年訪問しましたら、

なんと美しい蓋付のコンポートの中から小さなサソリの亡骸を発見!

一同小さく悲鳴をあげました。

1960年代制作で、すでに閉鎖されてしまった工房ですし、

とても作りのいい一品なので、美術品といっても過言ではないかもしれません。

 

重量感のあるデザインに

「マドンナブルー」と呼ばれる深みがありながら明るい青色のガラス素地の上に、

プラチナの箔を散らし、

その上からは様々なレースガラス棒を1~2センチにカットした物と、

 

ムリーネのチップ棒ちりばめられ、

最後に上から透明なガラスを被(き)せて沈み込め、三層になっています。

それゆえ、

この様々なガラス棒を熱のおもむくまま揺らめかせ、

透明なガラスを被せた模様を

ムラーノ島では「ビザンチン模様」と呼びます。

 

深海を思わせる美しさは、

くるくると角度を変えながらいつまでも見つめていたくなるほど。

握った時の感触も、なんとも柔らか味があり優しい重量感がある、まさに逸品です。

ぜひ、北参道のショップまで見にいらしてください。

chisa スタッフでした。

***

 

サイズ

高さ10.5㎝

口径 8㎝

値段 ¥80,000(+tax)
SOLD OUT

お問い合わせ

chisa
TEL 03-6455-4546
FAX 03-6455-4547
MAIL info@chisa.jp

メールでのお問い合わせは、お名前と「今月の逸品」についてのお問い合わせの旨をご明記ください。

お受け渡しはご郵送も可能です。(郵送費を別途頂戴いたします)

ご購入はお振込み、もしくはご来店いただければ現金、クレジットカードでのお支払いも可能です。

※メールをお送りいただきまして3日たってもお返事がない場合は、メールが届いていない可能性がございます。

大変恐縮ですが、その場合は1度お電話いただけますと幸いです。

※先着順です。

ご覧の液晶画面の環境によって、

お色味に差異が出ることがございます。

サイズも測り位置によって1~2㎜ 誤差が生じます。

どうかご了承いただけますようお願い申し上げます。

 

***

 

※ムラーノガラスについてはこちら

 ※ジュエリー&ライフスタイル雑貨 chisa (チサ)のコンセプトはこちら