「リーン・ヴォートラン展」開催に向けて―世界からメッセージ―

2018年11月25日(日)より北参道chisa路面店にて開催の「リーン・ヴォートラン展」に向けて、今展監修者 小瀧千佐子の仲間とも、師とも言えるべきコスチュームジュエリーコレクターたちよりメッセージをいただきました。

― 思考(心に思い描いたこと)が形になり、装飾実体に姿を変える―

1930年代の初期から半世紀に亘ってパリで活躍し、晩年には一流の芸術家の名前を欲しいままにしたパリュリエール(高級婦人服用ジュエリークリエーター)、リーン・ヴォートランの作品に関して私は冒頭の様な私流の定義付けをしています。

彼女の職人としてのキャリアは、作品に使用する素材ごとに10年単位で展開します。
最初の10年はブロンズを使ったボタンや服飾品、次にガラス、そして最後にレジン(樹脂)と続きます。
一旦独創的な可能性が実現すると、彼女はそれとは異なる更に新しいものへ探究の目を向けます。

彼女にとってインスピレーションの湧き出る源泉に限界はありません。
古代宝石、聖書の物語、神話、民間伝承、諺、夢、普遍的な価値(愛、信仰)、天然元素(太陽、水、地球)、難解なシンボル(呪文やまじないの様な)、彼女はこれらの全てを、女性として、母として、そして恋人としての感受性を通して選別します。

彼女の作品はまるで内面から突き動かされたかの様に生み出され、「形」と云う息を吹き込まれた無限のテーマは次にデザインやモデリングによって実在物体となるのです。人々の見詰める面前で、ヴォートランはブロンズの調和のとれた質感と外観の融和を創出して見せ、人々の目を楽しませました。たとえあなたが美術品収集家や服飾専門家でなくとも、是非この展覧会に足を運び、ご自身の目で鑑賞なさることを強くお勧めします。

―以下原文
Thoughttakes shape and becomes a decorative object: this is my way to define the artof Line Vautrin, a parurière (creator of accessories for Haute Couture)  active in Paris for over half a century,starting from the early 30s and promoted to the rank of artist only in the lastyears of her life.
Herprofessional story unfolds in decades, each one dedicated to a material: firstthe bronze, with which she creates buttons and fashion jewellery, then glass,finally resin; once the creative possibilities of each subject have beenexplored, her desire for renewal pushes her to face a new one in order toobtain different formal solutions. Her sources of inspiration are many: ancientjewels, biblical stories, mythology, popular legends, proverbs, dreams,universal values ​( love and faith), natural elements (sun, water, earth) esotericsymbols, which she filters through her sensitivity as a woman, a mother, alover. Her creations are born from an inner push that allows her to give shapeto indefinite subjects, to whom the successive design and modeling will give anentity. Through the execution in bronze, she obtains harmonious volumes andsurfaces that please the touch of the viewer even before the eye. Even if youare not a collector or a fashion expert, I strongly recommend to come and seethis exhibition!

ディアンナ・ファルネッティ(Deanna Farneti Cera/ミラノ)
コスチュームジュエリー研究家、著書には「Costume Jewellery」、「Fashion Jewellery: Made in Italy」、「Fashion Jewels: Coppola E Toppo」、「The Jewels of Miriam Haskell」など他多数。

 

リーン・ヴォートランの名前は、日本では一握りの美術品愛好家、独創的な個人収集家、ジュエリー作家を除けば、ほぼ無名に近い存在と言えるでしょう。
しかしヨーロッパやアメリカでは、多くの収集家達が高い評価を与える20世紀最高の芸術家/美術職人の中でも、とりわけ良く知られたジュエリー作家のひとりとされています。

「メタル(金属)の詩人」と呼ばれる様に、リーン・ヴォートランは、しばしば作品の中にアート、歴史、文学のテーマを取り入れ、そうする事で他に類を見ない独創的な宝飾品の数々を彼女自身のユニークなスタイルで創作しました。

ブロンズ、樹脂、ガラスを主材料に用いた彼女の作品は、金色または銀色ブロンズのジュエリー、レジンと呼ばれる樹脂や色ガラスミラーのジュエリー、小箱、そして「魔法使い」の魔術を連想させる鏡等々、実に多種多様です。彼女の作品は多くのセレブに愛され、中でもブリジット・バルドーやイングリッド・バーグマンは熱心なコレクターとして知られています。

1980年代にコム・デ・ギャルソンの川久保玲氏が彼女(リーン・ヴォートラン)の素晴らしい作品を集めた展示会を開催しました。日本での開催はこれが最初で最後でした。ヨーロッパでは非常に良く知られた美術家なので本当に残念です。

全く残念でなりません !!

でも大丈夫。今まさに厳選された美しい作品を集めた展示会が開かれようとしているからです。
それは、彼女の比類ない幻想的とも言える造形を直接見ることの出来るまたと無い機会であると同時に、時空を超えた、無二の作品を実際に手に取って身に付ける絶好のチャンスでもあるからです。

展示会場で、リーン・ヴォートランの魔法の世界にあなたの身を浸してみませんか !

―以下原文
Although littleknown in Japan, except to ‘connoisseurs’ of ;’objet d’art’, the uniqueindividual and jeweller, Line Vautrin is one of the most famous and highlycollected artists/artisans of the 20th Century, in Europe and theUSA.
Often called the‘poetess in metal’, Line Vautrin created some of the most unusual jewels in herown very unique style, often incorporating themes from art, literature andhistory into these exquisite pieces. Her bronze, resin and glass creationsconsisted of gilded or silvered bronze jewellery, resin and coloured mirrorjewellery, accessories and magical ‘sorcieres’ – mirrors. Her work wascollected by Brigitte Bardot, Ingrid Bergmann amongst other celebrities.
Rei Kawakubo ofComme Des Garcons exhibited her work many years ago in the 1980s, but, verysadly, since then, nothing has been done to exhibit her wonderful work inJapan, although she is extremely well known in Europe.
This is a great pity!!
However, here isa unique chance for you to see her extraordinary and enigmatic vision in abeautiful exhibition of selected pieces, and a great opportunity to own andwear one of these timeless, highly individual works of art!
Come and immerse yourself in the magical worldof Line Vautrin!

ウィリアム・ウェイン(William Wain/ロンドン)
コスチュームジュエリーコレクター、バイヤー。主にクリスチャン・ディオールを収集、研究している。