chisa

Vase「HIWADA」

¥880,000

「檜」(ひわだ)

作:アンドレア・ジリオ

10cm×33cm×H27cm

どっしりと重厚感のあるアンバー色と、まるで檜皮のように削り加工を施された高貴な武骨さを持つ非凡な花器。花を入れずとも十分な存在感を醸し出しますが、裏腹にどんなお花でも活けやすい広すぎない口径と、ガラスならではの繊細さも兼ね備えています。代表の小瀧曰く、ジリオ氏は、存命のマエストロ(上級職人)の中でムラーノ島一番と言っても過言ではない腕前とのこと。

アンドレア・ジリオ氏は、20年ほど前、小瀧千佐子が主催し鎌倉の円覚寺にて日本初の展覧会を開催。ご本人も来日されました。その時にたくさんの日本の文化に触れ、どこか日本らしい奥ゆかしさや、わびさびの感覚を持つ唯一無二のアーティストだと感じます。

 

アンドレア・ジリオ(Andrea Zilio)

1966 年ヴェネチアに生まれ。
ガラス制作に携わるのは 23歳と遅かったが、またたく間に伝統的技法を⾝につけ、パリ、コペンハーゲンの美術館へ⾃⾝の作品が収蔵される。
1996 年 (30歳) インターナショナル現代ガラス展( ムラーノガラス美術館 ) にて 若⼿マエストロ部⾨優勝。以降、ヴェネチアビエンナーレ、国際 展覧会など出展、⼊賞は数え切れない。今や世界中のアーティストから「ガラス素材による表現」を依頼され、どんな複雑な作品でも伸びやかに⾃由 ⾃在に造形する。「ヴェネチアンガラスの⻤才」と呼ばれて久しい。他の追随を許さぬ天才肌のアーティストである。

すべての商品は、北参道 chisa にて実際にご覧いただけます。


日時指定がある場合は、「カートに入れる」に進み、ご入力ください。その他のご要望がある場合は「注文メモを追加」にご入力ください。

ギフト包装をする

You may also like

Recently viewed