サリール工房(SALIR studio)
ヴェネチアムラーノ島は吹きガラスで有名なガラスの島であるが、SALIR工房はグラヴィール(ガラスの表面に浅く浮き彫する技)やエナメル彩色、金彩で芸術性の高い上質なガラス工芸品を制作する数少ない工房。

20世紀初頭には、時のアーティスををアートディレクターとして迎え、数々の名品を生み出した。それらの作品は各国のガラス美術館に所蔵されている。

2019年に閉鎖されてしまったが、20世紀を代表する遺産の一つと言っても過言ではない工房である。