This site has limited support for your browser. We recommend switching to Edge, Chrome, Safari, or Firefox.

出展作品紹介 Givenchy 01

撮影:福森崇広

ネックレス
ユベール・ド・ジバンシィ(デザイン)
メゾン・グリポワ(制作)
1957-1958年
フランス
カボションガラス、模造パール、
クリスタルガラス、メタル
29.0cmx14.0cm
FRANCE(サイン)

 

  • Hubert de Givenchy

ユベール・ド・ジバンシィ (1927-2018) は、フランス貴族の家系に生まれる。

パリの美術学校で学んだ後、1947年から4年間、スキャパレッリのメゾンで働き、1952年に自身のメゾンを創設。自由なラインの服で当時のモード界全体に影響を与える。

女優オードリー・ヘップバーンは、映画「ティファニーで朝食を」で彼の黒いドレスを着用。

エリザベス・テーラー、ジャクリーン・ケネディなど、彼の服を愛した著名人は枚挙に暇がない。

コスチュームジュエリーの殆どは彼のスケッチをもとにロジェ・ジャン=ピエールが制作し、グリポワも多くの作品を提供した。

 

≫ 展覧会図録のご購入はこちら

≫ 展覧会特設サイトはこちら