コスチュームジュエリーのはじまりは、オーダーメイドでコスチュームをつくる際、そのお洋服にぴったりと合うようなジュエリーもセットで作ったことからはじまった、と言われています。

 

※ココ・シャネルのデザイン画。こと細かに指示が記されていますね。

しかし現在では、ひと言でいってしまえば、素材にこだわらず作られたファッション・ジュエリーの総称といえるでしょう。

 

 

※1940年代のトリファリのブローチ。
通称 Jelly Belly (ジェリー・ベリー)と呼ばれるシリーズで、様々な動物たちのデザインがあります。
ガラスに見立てた樹脂を大胆につかったデザインは軽く透明感があり、身につけるお洋服の色が透けてブローチに現れます。

 

 

ガラスや、樹脂、貝、ベークライト、コルクに木など、使われている素材は多岐にわたります。

宝石や純金を素材とするファインジュエリーとくらべると、デザインの幅が格段に広いのも特徴です。

 本物の真珠ならば不可能な大粒、あるいは様々な形のフェイクパールをあしらったり、

 

 

※1950年代のミリアム・ハスケルのネックレスとブローチ。
模造パールで花びらが表現されています。

 

あるいは、宝石なら途方もない金額になってしまうようなゴージャスなデザインのネックレスなど、常識にとらわれない、ユニークなデザインが可能になりますね。

 

 

※1960年代のコッポラ・エ・トッポのネックレス。
ガラス製なので軽く、付け心地も良いです。

 

素材に幅を持たせたことにより、デザイナーのスピリットをそのまま表現しやすいのです。

 

 

※1950年代のミリアム・ハスケルのネックレス。
戦争を経たうえで、平和を強く願ったハスケルのジュエリーには、可憐な草花のデザインが多く見られます。

 

ファインジュエリーよりは安価な場合も多いですが、デザイン性の高さや、職人の確かな作りの細かさ、美しさは目を見張るものばかりで、高額なものもたくさんあります。

 

 

※1950年代のクリスチャン・ディオールのネックレスとイヤリング。
ブラックダイヤモンドに見える部分はすべてガラス。
キュッと角度がついたハートは Witch’s Heart 「魔女のハート」とも呼ばれています。

 

つまり素材の価値ではなく、デザインと職人技に対して価格がついているのです。

 

 

※1950年代のクリスチャン・ディオールのチョーカー。
首元を流れ星が流れるようなデザイン。

***

コスチュームジュエリーを世に広めた第一人者といえば、やはりココ・シャネルでしょう。

 

 

※1930年代のココ・シャネルのネックレス。
ガラスで可憐な花びらを一枚一枚表現しています。
花びらを薄く繊細に作るのはとても高度な職人技術を必要とするそうです。

 

1920年代後半、自身がデザインした美しいフェイクパールのネックレスを褒められたとき「私が付ければ、本物に見える」という粋な台詞を残したとか。

 

 

※ココ・シャネル。自身のデザインしたジュエリーを素敵につけこなしていますね。

 

それはむかしむかしジュエリーが、男性の権力や財力を見せつける道具として、夫が妻に大きな宝石を身につけさせていた時代への、彼女なりの反発だったのかもしれませんね。

 

 

※コスチュームジュエリー イン ヴォーグと題された、
雑誌ヴォーグに掲載されたコスチュームジュエリーをまとめた書籍。

 

女性運動の波と、戦後の大不況、そしてシャネル、クリスチャン・ディオール、スキャッパレッリなど、様々な素晴らしいデザイナーの誕生によって、コスチュームジュエリーは急速に普及します。

 

 

※ミリアム・ハスケルのネックレス。
模造パールならではの色合いや、
粒の大きさがグラデーションになったデザインが、うつくしいです。

 

発祥はヨーロッパですが、ミリアム・ハスケル、トリファリなどのデザイナーの登場や、ハリウッド女優たちが銀幕の中で身につけたことによって、アメリカにおいても、あっという間に人気を博して定着しました。

 

 

現代においてもファンはたくさんいますが、宝石や金のように、市場で価値が決まっているものではないため、自分で美しいと判断し、自分自身で価値を見出せる人にしか良さの分からない、少々マニアックなジャンルのジュエリーともいえるでしょう。

 

 

※2000年代のchisa(チサ)のネックレス。「白玉のおしゃれ」と名付けられています。

 


ヴェネチアンビーズ職人の技術が光るひと品。

chisaでは、ヴェネチアンビーズのジュエリーも、コスチュームジュエリーとして取り扱っております。

北参道にありますジュエリー&ライフスタイルのセレクトストア chisa では、ヴェネチアンビーズからシャネル、ミリアム・ハスケルまで、コスチュームジュエリーを豊富に取り揃えてございます。

また、それらにかこまれながらカフェーを楽しむこともできます。

 

ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

 

***