木越 あい 

 

“こんにちは。ガラスの器や板に、絵を彫っておはなしを描いています。”

 

1964年、東京生まれ。

幼少期からお絵かきや工作が大好きで、美大に進学することを早々に決意。

当時の日本で唯一、ガラスが学べる大学であった多摩美術大学に入学した。

1988年 多摩美術大学 立体デザイン科 クラフト専攻 ガラスコースを卒業し、ガラス制作を続けるため1990年 同大学大学院を修了する。


学部の卒業制作から、板状の多重の被(き)せガラスに、サンドブラストで自作の物語、「おはなし」を描くようになる。

ガラスの表面に色が何層も重なるように自身で宙吹きし、冷ましてから、細かい彫りでグラデーションを生み出す作風は、じっと眺めていると、まるで彼女の見ているカラフルな夢の中に飛び込んでしまったような感覚になる。

1992年国際ガラス展・金沢'92に入選。
1994年世界現代ガラス展 [World Glass Now’ 94] に招待作家として選出され、北海道立近代美術館などに作品が展示される。

同年にアメリカのピルチャックグラススクールで学び、シアトル、アデレード、ソウル、バイエルンなどでも展覧会やレクチャーを行う。

1998年から7年間、東京のガラス専門学校で指導。

2007年には都内にシェア工房を設立し、器と、それ以外の作品の制作もスタート。

全ての作品に「ストーリーがあること」「ガラスらしさを見せること」を心がけている。

2019年からは母校の多摩美術大学の工芸学科で講師を勤め、近年ではガラスを石膏型に鋳込んでつくる「ケダモノ」シリーズや型を彫ることがガラス制作とも共通する“ 注染手ぬぐい ” も、楽しんで制作

光と影とガラスが魅せる時間や空間で空想するのが好きだと語り、「おはなし」は、さまざまなテクニックをさすらって、日々深化している

 

>Ai Kigoshi Official Site