Elsa Schiaparelli
エルザ・スキャパレリ

(1890―1973)

イタリア


シャネルと並んで20世紀を代表するファッションデザイナー。

1931年にパリでサロンを開いたことから始まりました。

ダリ、コクトー、マンレイなどのシュールレアリストと交流があり、

戦前のコスチュームジュエリーは独創性に富んだ革新的な作品が多いのが特徴です。

大戦中アメリカに渡り、美しい色ガラスを、シックかつ大胆に組み合わせた

新しいテーマのジュエリーをライセンス製造により販路を拡大しました。

”人より目立つことを恐れず、思いきって人と違うことをすべきである“と言っていたそうです。