This site has limited support for your browser. We recommend switching to Edge, Chrome, Safari, or Firefox.

FERRO & LAZZARINI

フェロー・ラッツァリーニ工房

ムラーノ島に残こる数少ない大規模なガラス工房のひとつである。

1929年にエウジェニオ・フェローがジョバンニ・ラッツァリーニと共同で設立したフェロー・ムラーノ(FERRO & CO.)が前身となる。

アメデオ・ロセットをはじめ、数々の優秀なマエストロをかかえ、ムラーノ島やヴェネチアのギャラリーに作品を提供している他、観光客向けのデモンストレーションなども行っている。

1947年に先代のエウジェニオ・フェッロが早逝した後、彼の若い相続人たちによって存続されることになり、 現在は直系の子孫であるダリオ・フェッロが経営している。

マエストロ

Amedeo Rosetto
アメデオ・ロセット

1951年 ムラーノ島のガラス職⼈の家に⽣まれる。

⽗親はムリーネ ( モザイク ) を⽤いた有名なビーズアーティストであった。

アメデオは幼い頃からムリーネの奥深い美しさに魅せられ、多くを学んで育つ。

そして美術学校 を卒業した後、著名なマエストロの下で研鑽をつみ、1975 年 24 歳でマエストロの称号を得る。

複雑な模様のムリーネを⾃ら開発し、ムリーネを⽤いた優美でおおらかな作品は⾼い評価を得ている。

フェロー・ラッツァリーニ工房に所属し制作活動を行っていたが、現在はガラス工芸づくりを引退し、家族でのんびりとムラーノ島で自身の生活を謳歌している。


MAKER   FERRO & LAZZARINI


SHOP    chisa


関連記事