ガンバロ・タリアピエトラ


1974年 巨匠マリオ・ガンバロとブルーノ・ポッジによって設立された名門工房を息子であるルチアーノが受け継ぎ、進化し続ける工房である。

マエストロのマリオ・ガンバロは、20世紀様式の洗練された量感あるガラスを表現し、気泡をガラスの中に封じ込め、金箔や美しい色をガラスで自由自在に花入やオブジェを制作しました。

そのスタイルをしっかりと受け継ぎ、ムラーノガラスの歴史や技法、伝統を守りつつ、現代のライフスタイルにふさわしいガラス工芸を丁寧に作り続けている。



SHOP    chisa