マルセル・ブーシェ

(1898 – 1965)
アメリカ

20世紀に活躍したアメリカのジュエリーデザイナー。

マルセル・ブーシェは 1898 年にフランスのパリで生まれました。第一次世界大戦後、フランスで最も有名な宝飾品ブランドの 1 つであるカルティエで働き、1920年代初頭にニューヨーク市のカルティエに移籍しました。しかし、不況で高級ジュエリーの需要が減退したため、マルセルはメイザーブラザーズに転職します。メイザーブラザーズは高級ジュエリーのコピーを制作しており、彼はそこでコスチュームジュエリーのデザインの可能性に魅了されました。

1937年、マルセルとアーサー・ハルバーシュタットは「マルセル ブーシェ社ノベルティ ジュエリー」を設立し、1944年に社名を「マルセル・ブーシェ&シー」に変更しました。

マルセル・ブーシェは 1965年に亡くなりましたが、デザイナーでもあった彼の妻のサンドラが会社を引き継ぎ、1979年にカナダの企業に買収されるまで、「Marcel Boucher」の刻印をつけた作品を作り続けました。

マルセル・ブーシェの作品はコスチュームジュエリーらしい美しさとユニークさを持ち合わせています。繊細に配置されたエナメルやラインストーンに、立体的で動きのある躍動的なデザインは洗練されていて非常に美しく、最高品質のコスチュームジュエリーと評価されました。

刻印(サイン)は、鳥の横顔のマークの下にMBとかかれたユニークなものから、MB (1937 ~ 1949年)、Marboux (1938 ~ 1960年代)、Boucher (1950 ~ 1955年)、Boucher © (1955年以降) などがありますが、どの年代のものも非常に作りが良く素敵なデザインの作品ばかりです。

 


BRAND   Marcel Boucher


SHOP    chisa