1948年 熊本を拠点に活動するのジュエリー・アーティスト。

女子美術大学芸術学部油絵科卒業後、田崎真珠に入社するも、銀に惹かれ「ヒコ水野 彫金教室」にて、彫金を学ぶ。

独立し、東京世田谷の自宅にて工房ならびに彫金教室をスタートした。

草花、動物、昆虫等、自然に生きる万物の美しさを、ありのまま、繊細に表現する作風で、銀や石のハードさを、優しく、奥ゆかしく包み込むようなデザイン性がとても上品で魅力的である。

1982年には、出生地である熊本移住し、熊本市中央区神水にて「OZ銀 彫金工房」「OZ銀 彫金教室」を開設。

1989年より「小西翔子 銀のジュエリー展」と題し、全国の様々なギャラリーにて定期的に作品展を開催。

1988~1998年「西部工芸展」にて入選・入賞多数。

これまで小瀧千佐子とのコラボレーションにより、ムラーノガラス、ヴェネチアンビーズを使用した作品を数多く発表している。

2008年より、フィレンツェを拠点に活動するジュエリー・アーティストの次女 小西理予とともに『ジュエリーアート Preferito展』を定期的に開催。