ムラーノガラスと日本で暮らす

2021年4月14日(水)~27日(火)まで、漆芸家 村瀬治兵衛氏デザイン監修による、和モダンな世界観のお茶の道具や茶籠を展開する【嘉門工藝】さまのお声がけにより、伊勢丹新宿店 本館5階 キッチンダイニング/ 茶道具にて「ムラーノガラスと日本で暮らす」と題し展示販売会を開催いたします。

chisaのテーブルウェアヴィンテージ・コスチュームジュエリーインテリアアイテム、そしてフランスからやってきた人気の樹脂製アクセサリーを選りすぐり、嘉門工藝の作品と共に展開、ディスプレイいたします。

嘉門工藝 ウェブサイト

 

〇 chisa 代表 小瀧 千佐子 コメント

ムラーノガラスは、北イタリア ヴェネチアの小さなガラスの島、ムラーノ島で数限られた職人の手によって生み出される伝統工芸品です。型に入れることなく、吹いたり、伸ばしたり、ねじったりと、まるで飴細工のように熱いうちに職人の手仕事によって形作られるフォルムは、どこかやわらかく、あたたかみがあるのが特徴です。ムラーノ島の職人は、ガラスに決して無理をさせません。「こっちに曲がってくれる?そうそう。もう少し頼むよ。」というように。その優しさが、鉛を含まないソーダガラスらしさを生み、使う人に癒しと特別な高揚感を与えてくれるのでしょう。木の個性をしっかりととらえながら作品作りをされる村瀬治兵衛氏の作品と出逢うことで、みたこともない景色が広がることを期待して、今からワクワクが止まりません。

 

LIVING IN JAPAN WITH MURANO GLASS

会        期:2021年4月14日(水)~27日(火) ※最終日18時まで

会        場:伊勢丹新宿店 本館5階 キッチンダイニング/ 茶道具
                   〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目14番1号

問合せ先:03-3225-2660(直通)

〇 出店作品は随時 chisa instagram にて、ご紹介いたします。

写真:福森崇広