This site has limited support for your browser. We recommend switching to Edge, Chrome, Safari, or Firefox.
さよなら、サリール ― イタリアデザインの革命を支えた、小さなガラス工房

さよなら、サリール ― イタリアデザインの革命を支えた、小さなガラス工房

11月18日(金)から12月25日(日)まで、2018年に惜しまれつつ閉鎖したムラーノ島のガラス工房「サリール」の展覧会を北参道chisaにて開催いたします。 S.A.L.I.R サリール工房 1923年に設立されたヴェネチア・ムラーノ島のガラス工房。 溶けたガラス種を熱いうちに巻き取り、息を吹き入れ成型する、いわゆるホットワーク技法を世界に誇るムラーノ島にあって、北欧よりグラヴィール技法を取り入れ、冷え固まったガラス器の表面に彫刻を施す、いわゆるコールドワーク製法を極めた唯一無二の工房である さらにデザイン界の巨匠ジオ・ポンティ、エットレ・ソットサスなど名だたるアーティストが参画。これまで貴族をターゲットにデザインされてきたムラーノガラスのモダニズム変革に大きく貢献し、ヴェネチア・ビエンナーレをはじめ、世界でセンセーションを巻き起こした。 Infomation 展覧会概要 サリール工房のクライアントとして40年ほど関係を築いてきた20世紀ムラーノガラス研究家 小瀧千佐子が、アートを暮らしの中に取り入れて欲しい、という願いを込めて作品を厳選し本展を監修。工房の尊い歴史とともに紹介する。(展示作品は一部を除いて購入が可能。) ※展覧会スタートの18日(金)から、当ウェブサイトでも一部作品の販売がスタートいたします。ご来場が難しいお客様はぜひ、ご覧ください。 ≫ S.A.L.I.R. COLLECTION ▲一部出展作品は上記より閲覧、購入が可能です。 ≫ 監修者 小瀧千佐子 ごあいさつ さよなら、サリール イタリアデザインの革命を支えた小さなガラス工房Arrivederci Salir Collezione   期  間:2022年11月18日(金) - 12月25日(日) ※毎週月・火・水曜休み 会  場:chisa  特別企画:11月20日(日)18時より本展監修者 小瀧千佐子氏によるギャラリートークをインスタライブにて配信 アカウント...

chisa×三越 ×ものがたり食堂『シンデレラ』

chisa×三越 ×ものがたり食堂『シンデレラ』

  日本橋三越カルチャーサロンのお声がけにより、ひさしぶりに北参道chisaにて、さわのめぐみシェフがお贈りする【ものがたり食堂】を開催いたします。 2016年にchisaで開催し大好評だった、ものがたり食堂「シンデレラ」をブラッシュアップし、さらに今回はデザートに使用するムラーノガラスのお鉢を、お土産として、お持ち帰りいただけます。(上記スライド5枚目) またお食事会の前には、chisaのオーナーであり、近代ムラーノガラス研究家の小瀧千佐子より、「ムラーノガラスのを日常に取り入れるコツ」など、お話しさせていただく時間を設けました。 皆さまの、さらに充実したおうち時間へのヒントになりましたら幸いです。   infomation   〇 日時:10月14日(木) 午後 12:30~2:30 〇 ご参加費:¥33,000(お土産の器代込み) 〇 会場:chisa 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-21-2 〇 ご予約:定員に達しました 〇 定員:8名様限定   Menu   白い鳥からの贈り物 魔法の隠し味 灰がぶり ビビディバビディブー 秘密の花園 ガラスの欠片...